猫を愛するマーケのスペシャリストが、インサイドセールス部署を立ち上げた話

山村 文乃 / インサイドセールス

on 2020/2/5

今回は、スペースリー1人目のインサイドセールスとして活躍している山村さんにお話を伺いました!

山村文乃
サブスクやSaaSという言葉がなかった時代から、リクルートのSaaSビジネスの事業部にてマーケティングに携わり分社化や成長期など様々な局面を経験。マーケ知識とSaaSビジネスの経験を活かし、インサイドセールスの立ち上げでスペースリーに参画。保護猫の活動をするなどの動物好きな一面も。

 

「新しい体験や驚きをより多くの人に提供する」
ミッションに共感しスタートアップに飛び込んだ

お時間を頂きありがとうございます!早速ですが、山村さんの自己紹介をお願いします。

こんにちは。山村文乃と申します。
マーケティング畑で働いてきており、スペースリーではインサイドセールスを担当しています。
若いメンバーが多い会社の中で頑張っております。

山村さんの趣味や好きなことを教えてください!

好きなものは、動物全般です。特に猫が大好きで、ほんの少しですが保護猫の活動を支援しています。
「1番身近にある野生」とも言われており、猫からは学ぶことが多いですね。

猫ってのんびりしてて癒されますよね^^

あと趣味は、ベタですが海外旅行です。ここ数年は封印していますが、このお話をしていて各地の友人たちに会いに行きたくなりました。日常生活では出会うことのない経験に遭遇するので、色々なネタがお話できると思います。

SaaSマーケ畑のキャリアを生かし、部署立ち上げに奮闘

オフでは猫&海外旅行好きな山村さんは、今まではどんなキャリアを歩んできたのでしょう?

今まではリクルートのSaaSビジネスの事業部であるBtoB向けのITサービス領域で、主にマーケティングを担当してきました。SaaS/サブスクという言葉も無かった頃からです。笑
マーケティングの一環として、インサイドセールスも包括しており見てきました。

スペースリーでの仕事内容を教えて下さい!

今までの経験を活かし、インサイドセールスの立ち上げから運用まで担当しています。
例えば、電話システムなどのハード面のセットアップから、各種ITツールの設定、
運用フローの構築、教育プログラムの作成、などなどなど……あらゆることやっています。

どうしてスペースリーに入社したのですか?

「新しい体験や驚きをより多くの人に提供する」会社であるという
社会的な意義を持っているという点に、とても惹かれました。
ロゴにもそれらの意味が込められており大変好印象だったのを覚えています。
 →詳細はこちら

スぺースリーのミッションに共感されたのですね!

もう一つ、SaaSモデルのビジネスでは「使い続けていただくこと」が必須となります。
これまでプロダクトライフサイクルの成長期から衰退維持期までを見てきたこともあり、経験と体感を持って「その通り!」と考えています。

代表の森田さんとの面談の場において、その点をとても重要視していらっしゃるというお話を聞かせていただけたことは大きかったです。

ずっとお付き合いしていただけるお客様を増やしたい

今の仕事をする上で、どんなことを大切にしていますか?

アポをとる。受注をする。はゴールではないと思っています。

弊社サービスをご活用いただくことで、お客様の課題が解決され成果が上がる。
弊社サービスをご活用いただくことで、業務が楽になる。

だから、ずっと活用し続けてくださる。

そのようなお客様をできるだけ増やすことを意識し、メンバーの皆さんと日々の業務に取り組んでいます。

山村さんが”働く”上で心掛けていることも聞かせて下さい!

マインド的なところとしては、「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」です。
以前に勤めていたリクルートの旧社訓で、社会人人生の初期に刷り込まれていたのですが、
今でも仕事をする上で大切に思っていることです。

ライフスタイルに合わせた働き方でより力を発揮できる

普段はどのような働き方をしていますか?

家事都合で夜は早めに帰宅するので、早いときは8時台に出社する朝型スタイルです。早起きは三文の得。空いていますし静かですし、一番の集中タイムですね。
出勤中に終わらない仕事は、帰宅後に対応しています。

また、水曜日はリモートワークで働いています。
リモートワーク制度がある会社は増えてきていると思いますが、形だけではなく、実際にそのスタイルを許容していただけているので働きやすいです。

山村さんから見て、スペースリーの職場の雰囲気ってどんな感じでしょうか?

スタートアップなので定型化していない業務がたくさんありますし、
気づいた人・できる人が積極的に関与していく職場だと思います。

各人が抱える業務量は決して少なくないですが、
効率的にメリハリをつけて仕事ができる、自己コントロールが上手にできる方が多い印象です。

皆さん、服装がとてもラフで、自由な雰囲気なのは良いですね!

これからスペースリーでどんなことがしたいですか?

インサイドセールスは、数多くのお客様と一番接することができる部門です。
お客様の課題を伺い、その中にヒントが数多くあるはずなので、
どのような領域・分野で、「情報の再構築」や「情報の伝え方を変える」ことができるのか、
といったことにもアンテナを立てつつ、
スペースリーのサービスを通じて変わっていく領域・分野が1つでも増やせればと思っています。

それが結果的に、入社の動機でもあった「新しい体験や驚きをより多くの人に提供する」ことに繋がり、少しでも前に進めることができると信じています!

今日はありがとうございました!

株式会社スペースリーでは一緒に働く仲間を募集しています!

会社に話を聞きにいく。

他のメンバーのインタビューも見る。